STARK

登録支援機関 許認可番号 19登 - 000443

お問い合わせ・ご相談

外国人のみなさまへ

STARK >> 外国人のみなさまへ

はじめに

現在多くの外国人の方々が、お仕事を探すために日本にいらしているかと思います。しかし日本で仕事を探すには、様々な問題があります。言葉の違いであったり、関係各所へのめんどくさい書類提出、また企業に面接をするのにも注意点があります。

私達STARKではそうした外国人の皆さんが安心して日本で働けるように、日本企業への就職に関するサポート、面接の対策、履歴書の書き方、日本で暮らす際の様々なサポートなどを行っております。
またみなさんがやりたい仕事も、どんどんと紹介してまいります。ホテルや飲食店、建設のお仕事や清掃のお仕事など、様々な業種のお仕事を紹介しております。

STARKには既に多くの実績がありますので、まずはお気軽にご連絡ください。

お問合せはこちらをクリックお問合せはこちらをクリック

特定技能ビザの取得方法

特定技能ビザの取得方法には、2種類あります。

2種類の試験を受ける方法
「日本語能力のテスト」と「業種別の技能試験」の2種類の試験に合格することで、特定技能ビザを取得することができます。

「日本語能力テスト」は「日本語能力判定テスト」もしくは「日本語能力試験」のどちらかを合格できれば、大丈夫です。「業種別の技能試験」は2019年4月から順次実施されていく予定の、各業種別の技能試験となります。

3年間の技能実習を修了させること
3年間の技能実習を終えている場合は、上記試験は必要なく、特定技能ビザを取得することができます。

特定技能ビザで就職可能な業種

特定技能ビザ1号 対象業種

建設業

建設業

造船・舶用工業

造船・舶用工業

自動車整備業

自動車整備業

航空業

航空業

宿泊業

宿泊業

介護

介護

ビルクリーニング業

ビルクリーニング業

農業

農業

漁業

漁業

飲食料品製造業

飲食料品製造業

外食業

外食業

素形材産業

素形材産業

産業機械製造業

産業機械製造業

電気電子情報関連産業

電気電子情報関連産業

特定技能ビザ1号をお持ちの方は、上記14業種への就職が可能です。

特定技能ビザ2号 対象業種

建設業

建設業

造船・舶用工業

造船・舶用工業

特定技能ビザ2号をお持ちの方は、上記2業種への就職が可能です。

就労ビザ 対象業種

就労ビザをお持ちの方は、上記特定技能ビザ対象14業種以外への就職が可能です。

お問合せはこちらをクリックお問合せはこちらをクリック

日本企業に就職するための必要書類

  • 在留資格認定証明書交付申請書
  • 成績証明書(日本語訳)(コピー)
  • 履歴書 (日本語訳)(コピー)
  • 卒業証明書(日本語訳)(コピー)
  • パスポート(コピー)
  • 申請用の顔写1枚(履歴書用の物と同一でOK)
  • 日本語能力試験証明書があれば提出(コピー)
  • 戸籍謄本 (コピー)(技能実習生二次入国の場合)
  • 身分証明書(コピー)(技能実習生二次入国の場合)
  • 就業証明書(コピー)(技能実習生二次入国の場合)
  • 技能実習修了書(コピー)(技能実習生二次入国の場合)

(技能実習生二次入国の場合)は不要です。

ご応募から就職までの流れ

STEP1.書類選考

書類選考

履歴書の記載。可能な限り日本語を使用しましょう。
※日本語能力資格を保有している方は必ず記載
※大学、専門学校の専攻を必ず記載

STEP2.面接

面接

面接の日取りを決めて実施します。
日本国内在住の方の面接は基本的に対面で行います。
国外在住の方に関してはテレビ電話にて面接を行います。
※合格発表は通常1週間から2週間です。
※合否については弊社担当よりメールにて通知いたします。

STEP3.ビザの申請

ビザの申請

在留資格証明書 交付申請
雇用主企業がスポンサーとなって、企業所在地を管轄する入国管理局に対して、在留資格証明書交付申請を行います。

STEP4.本人提出書類例

写真(縦4cm×横3cm) 2枚
※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽、無背景で鮮明なもの。

日本企業就職準備例

  • 学校の卒業証明書
    ※最終学歴が母国の大学又は日本の専門学校卒業が条件
  • パスポート、在留カード
  • 成績証明書
    ※専門士又は高度専門士の称号を付与された者については,専門士又は高度専門士の称号を付与されたことを証明する文書
  • 関連する業務に従事した期間を証明する文書

STEP5.就職準備

就労ビザ取得に成功し、日本企業で就職することが決まったら、必要に応じて受入準備を整えましょう。

日本企業就職準備例

  • 来日後に生活する社宅などの確認
  • 日々語学を勉強するための教材の準備
  • 来日時のフライト確認
  • 住居を管轄する市区町村役場にて住民登録
  • 在留カード裏面への居住地記載
  • 銀行口座の開設手続き
    ※期間を更新する場合は期限切れになる前に「在留期限更新許可申請」を行う必要があります。
    ※弊社担当者が全面的にサポートいたします

STEP6.入社

入社

日本企業での新しい社会人生活が待っています。
新しい環境を楽しみ、日々努力をしましょう。

お問合せはこちらをクリックお問合せはこちらをクリック